加配の保育士は辛い!辞めたい!!

☆働きやすい保育園多数!

こちらから⇒「明日の保育」

 

保育士さん 保育士さん 

地元の認可保育園で、保育士として働いているんだけど・・・

今年から、発達障害を持つ子供を担当する、加配保育士の役割を任される事になった。

保育士さん保育士さん

だけど、障害児対応の専門知識も無いし・・・

 

常に目を配っていなければならない、障害児の対応って難しい!

 

精神的にも体力的にも限界!もう加配の保育士を辞めたい!!

保育士 りん保育士 りん

こんな風に、加配の保育士という役割を、突然任されて悩んでいる保育士さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで、今回は加配の保育士さんのお悩みに関して詳しくお伝えします。

 

加配保育士は大変?辛い!!

突然、加配保育士に・・・

数年前から近所の認可保育園で

パート保育士として働いてきたけれど・・・

 

今年から、

発達障害の子ども数人の

加配の保育士の役割を

任される事になってしまった。

 

自分自身、

障害児保育に関する知識も

経験も無いし・・・

 

正直、

なんで自分が加配の保育士を

任されたの??

 

って、

納得していない部分もあるけど

もう人員配置は決まっていた。

 

だから、

仕方なく加配保育士として

がんばってきたんだけど??

 

加配の保育士は辛い!!

定型発達の子であれば、

すんなり理解してくれることも

支持が通りにくくて大変!!

 

自分の思い通りにならないと

すごく反抗したり暴れたりして

本当に困る。

 

加配保育士はつらい!【お悩み相談】

 

特にイベント事の時には、

園全体の輪が乱されないようにと

園長からのプレッシャーが強くて・・・

 

本当に毎日ヒヤヒヤするし

胃が痛くなる。

 

誰かに助けてもらったり

アドバイスをしてもらいたいって

いつも思っている。

 

⇒保育士の仕事が地獄!つらい毎日・・・

 

でも、

保育園の中にも同じ立場の

加配の先生は少ないし・・・

 

信頼して相談できる相手も

居ない。。。

 

さらに・・・

 

加配の保育士を辞めたい!!

加配の保育士の責任・・・

一瞬目を離したスキに、

担当する発達障害の園児と

定型発達の園児がトラブルに

なってしまい・・・

 

被害者の保護者からは?

 

「加配の先生がついていながら

トラブルや怪我を防げなかった」

加害者の保護者からも?

 

「今年の加配の先生は

未熟で熱意が感じられないし、

子どもが荒れている!」

 

とクレームが来て、

園長もカンカンに怒っている。。。

 

⇒保育士の人間関係が最悪!今すぐ辞めたい!!

 

自分から加配の保育士を希望した

わけじゃないのに・・・

 

もう、正直今すぐ

加配の保育士なんて辞めたい!!

 

そんな風に思ってしまいますよね??

 

⇒【保育士の退職理由ランキング】

 

加配の保育士の責任

障害児対応は難しい!

ですが、

障害を持つお子さんの保育は

ベテランの経験豊富な保育士でも

とても難しいものですし・・・

 

障害児対応の専門教育や

研修も受けていない保育士が、

ひとりで対応できるほど簡単な

ものではありません。

 

障害児教育に積極的に関わって、

退職に追い込まれてしまった

保育士さんの例もあります。

 

⇒私が保育士を辞めた理由

 

それを、

保育士の手が足りないからと

保育士ひとりに任せきりにして・・・

 

問題やトラブルが起ったら、

加配の保育士ひとりの責任にして

責めるなんておかしいですよね?

 

実は保育園のトラブルの多くが

保育園側の管理不足が原因で

起こっているんです! 

 

☆保育士が働きやすい保育園への転職なら?

こちら⇒【最新】保育園求人情報 

 

加配の保育士の責任ではない!

日々の保育に負担がかかると

理解した上で、障害のある子どもの

保育を引き受けたのは園長です。

 

認可園に求められる人員配置基準は

以下の通りになっていますが・・・

 

国基準 0歳 1歳 2歳 3歳 4歳 5歳
比率 3:1 6:1 6:1 20:1 30:1 30:1

 

それに加えて加配保育士の

配置基準は地域で異なりますが、

負担が増えるのは予測できます。

市区町村 加配人数比
墨田区 3:1
世田谷区 必要に応じて
練馬区 2:1
調布市 1:1
町田市 3:1
千葉市 3:1

 

それを踏まえて、

園は受け入れ児童の状況把握や

対応策を十分に考える必要が

あったはずです。

 

出典・参考:

「認可園に関する情報 障害児保育」

内閣府 https://www.cao.go.jp/

それを、

加配の保育士の能力の低さや

がんばりが足りないのせいにして

責めるのは間違っています!!

 

⇒ひどいパワハラ園長を訴える事はできる?

 

もし、そういったいひどい環境で

加配の保育士をされている

ならば・・・

 

優良な保育園への転職!

保育士の希望をきちんと尊重し、

働きやすい環境を整えてくれる

保育園への転職がおすすめです!

 

保育士の転職に最適な時期は?キャリアアップのチャンス?

 

そういった際に便利なのが、

転職支援サービス「明日の保育士」です。

 

「明日の保育」は、

最新の優良保育園求人多数で

色々な職場から転職先を選べます♪

 

さらに、

保育士さんお悩みを解決する

専任の転職アドバイザーによる

カウンセリングも受けられます。

 

こういった、

「明日の保育士」のサービスは

すべて無料で利用できるんです!

☆【最新】保育士求人多数 

☆働きやすい保育園を厳選!

☆専任アドバイザーのサポート

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

こちら⇒「明日の保育」無料登録