保育園の新型コロナウィルス対応に不信感?保育士は命がけ!?
保育士さん 保育士さん 

保育園児と小学生の子どもを抱える保育士ですが・・・

 

新型コロナウィルスに関する、勤務先の保育園の対応に不信感を抱いてます。

保育士さん保育士さん

急な臨時休校・休園になった自分の子どもたちの世話で、お休みを取得したいと言ったら・・・

 

保育士として無責!と言われてしまい。。。

保育士 りん保育士 りん

このように、今回は新型コロナウィルスに関する保育士さんからのご相談を頂きました。ご本人の了承を得て、詳しくお伝えさていただきます。

新型コロナウィルス対応

子育て中の保育士の悩み

保育園児と小学生の

子どもを抱える現役の保育士

なんだけれど・・・

 

今回の新型コロナウィルスで

家庭の中も勤務先の保育園も

バタバタ対応に追われている。

 

子どもの急な臨時休校が

決まってもシフト変更等も

一切考慮してもらえない・・・

 

それに正直、

感染の危険がある状態なのに

子どもを学童や保育園に預けて

働くのは親として不安がある。

 

コロナへの園長の驚きの対応初めのうちは自粛してって

はじめの頃は園長も、

「子どもの登園を自粛して」って

保護者に通達を出していたのに・・・

 

一部の保護者の猛抗議で

自主休園中の保育料の免除が

決定したら??

 

「できるかぎりお預かりします」

ってコロッと対応を変えた。

 

結局、園長のお金儲けの為だけに

子どもや自分の命も危険に晒して

保育園で働かされてるんじゃない。

 

ってめちゃくちゃ腹がたった!!

 

保育士は家庭よりも仕事を優先?

家庭と仕事の両立が難しい・・・

 

そんな矢先、

下の子を預けている保育園で

保育士の新型コロナウィルス感染が発覚。

 

保育園の臨時休園中が決定したケド、

新型コロナ感染の可能性のある

子どもを他に預ける場所も無い。

 

子ども自身にも

喘息や気管支の持病があったり、

子どもの感染の報道も増えてきて

不安が募るばかり・・・

 

しかたなく勤務先の保育園に

「お休みを取りたい」と伝えたら??

 

「保育士として無責任!」

「急いで預け先を見つけて!!」

と言われ・・・

 

子どもの為に退職を決意!

驚きと怒りで、

その日のうちに園長に

保育園を退職すると伝えた。

 

でも正直・・・

 

こんな中途半端な時期に、

後味の悪い退職を決めてしまって

後悔もしている部分がある。

 

それに、

仕事より家庭を優先したのは

やっぱり保育士として失格なのかな・・・

 

そんな辛い状況に置かれている

保育士さんからお悩み相談を頂きました。

 

新型コロナ危機と保育士

保育士は命がけがあたりまえ?

新型コロナウィルスの

パンデミックの危機的状況とはいえ・・・

 

社会人として、保育士として

自分の家庭を優先したことが

間違っていたのでは?

 

責任感の強い相談者さんは

そんな風に思い悩んでしまって

いる部分もあるんですね・・・

 

ですが、

社会で大きな役割を担う

保育士さんといえども?

 

自分の命や子どもの命を

危険にさらしてまで業務に

あたるべきでしょうか?

 

もしそれがそうだと言われれば、

保育士として働きたいと思う人は

もっと減ってしまうでしょう。

 

保育士の努力だけでは解決しない

また、

保育園や保育士の努力だけで

現在の緊急事態の中の保護者を

支えるには限界があります。

 

働く保護者の為と言いながら、

集団感染のリスクから目を背けて

保育園の通常営業を続けてゆくのではなく・・・

 

保護者が安心して休めるような

臨時休業制度・賃金保障を行政が

おこなってゆかなければ感染拡大は

絶対に防げません。

 

ですので、

保育の現場で難しい選択を迫られ

自分の子どもの命を守ることを

優先した相談者の保育士さんが

過剰に責任を感じる必要はありません。

 

それに、

自分の子どもさえ守れない

保育士なんて信用できませんよね?

 

ですので・・・

 

子どもを最優先に考えて・・・

まずは自分を大切にする

まずは、

しっかりと自分のお子さんと向き合って

コロナウィルス感染が収束するのを

待ちましょう。

 

そして、

安全・安心が確認できたら

また自分が保育士として輝ける

保育園を探せば良いんです!

 

仕事を失ってもまた探せますが

子どもを失ったら一生取り返しが

つきませんよね?

 

他人を大切にするには

まずは自分を大切にすることからです!!

 

☆保育士の転職に欠かせない

「職務経歴書」無料自動作成ツール

※今ならお祝金をもらえるキャンペーン実施中