保育士としての保護者対応に疲れた・・・
保育士さん保育士さん

今年から担任になった園児の保護者が、ことあるごとにクレームを付けてくる。

保育士として、子どもの利益の為にやっている事をすべて否定されて・・・

もう正直疲れた。。。

保育士 りん保育士 りん

こんな風に、日々の保護者対応に疲れてしまった保育士さんもいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回は、難しい保護者の対応について詳しくお伝えします。

 

保護者対応に疲れた・・・

保育士の保護者対応が難しい

今年からクラス担任になった

園児の保護者が・・・

 

些細な事でも、

苦情やクレームを言ってきて

困っている。

 

子どもの利益の為にやったことも

全部否定されてしまうから

本当に疲れた。。。

 

 

⇒保育士の人間関係に疲れた・・・

 

こんな風に感じている

保育士さんもいらっしゃるのでは

ないでしょうか?

 

実際、

保護者対応って難しいですよね?

 

私自身、

たくさんの保護者と出会って

様々な交流をしましたが・・・

 

素敵なお母さんお父さんが

いらっしゃるのと同じように、

ビックリするような保護者も

居ました。

 

モンペ・クレーマー保護者対応

 

忘れ物について伝えただけで

「保育士に意地悪をされた」と

市役所にクレームを入れたり・・・

 

運動会の徒競走で負けたのは

保育士のせいだと決めつけて

ずっと嫌がらせを受けるように。

 

周囲の保護者達にも

嘘の噂話・陰口を言いふらされ

複数人で保育士を辞めさせようと

圧力をかけてくる。

 

挙句の果てには、

帰宅時にストーキングされて

自宅を突き止められてしまい、

自宅にまで嫌がらせ・悪戯を

されるまでに・・・

 

そんな非常識な保護者に

頭を悩ませた経験もあります。

 

⇒保育士の仕事で一番大変な事は?

 

クレーマー保護者への対応は?

保護者対応のコツは?

まず、

保護者対応でトラブルに

なりやすいという保育士さんは・・・

 

保護者対応の基本を

おさらいしてみましょう。

 

 

日常の保護者への接し方は

あたたかく低姿勢で接する。

 

②保護者間で差異を付けず

すべての保護者や園児に

平等で同じように接しましょう。

 

③保護者面談などの

一対一の場面の時だけ、

特別に褒める事で関係を良好に

できる事も多いです。

 

 

保護者の目線で考える

また、

いつも保護者の目線に立って

考えたり行動することも

大切です。

 

というのも、

私自身ひとりの母親・保護者として

担任の保育士に疑問を抱いた事が

何度かあります。

 

例えば、我が家の子どもは

食物アレルギーと多くて

離乳食もなかなか進まない時期が

あったのですが・・・

 

担任のベテラン保育士に

「きちんとした生活習慣が

身についていないと本人が

大人になった時に困りますよ!!」と

一方的に怒られた指導された事

がありました。

 

まず、食物アレルギーって

本人の嗜好の問題ではなく

疾患ですよね?

 

それを、

食べ物の好き嫌いと混同するのは

保育士として知識不足すぎる。

 

またその保育士は、

明らかに標準を通り越した

肥満体系で職員室で間食している姿も

よく目にしました。

 

その保育士から、

「大人になった時に生活習慣が・・・」

と言われても素直に受け入れ

難い気持ちがありました。

 

⇒嫌味な先輩保育士への対処方法とは?

 

それ以外にも、

他の保護者のママ友からよく聞く

言葉としては?

 

「実際に子育てしたこともない

未婚の若い保育士さんに

アドバイスされてもねェ・・・」

 

「男の子を育てたことの無い

女の子ママの保育士さんって、

やんちゃな子に理解が無いよね?」

 

「あのおばちゃん保育士って、

なんか世代ギャップを感じるし

姑みたいでうざいよね。」

 

そんな風に、

保育士さんの実際の姿と

結び付けて考えている場合も

多いんです。

 

⇒保育士が本当にムカつく!?

 

ですので、

実際の自分の姿や立場を考えながら

アドバイスをするという事も

大切なんです。

 

クレーム・苦情の対応方法とは?

そして、

こういった事を心がけていても

保護者からクレームや苦情を

受けた場合は・・・

 

まずは「自分が正しい!」

「正論を言っている」と思っていても

先生という立場の上から目線で

伝えるのはNGです。

 

そして、

実際のクレーム対応の

基本的な方法としては・・・

 

クレームへの対応法方

 

①相手の言い分や話に

口を挟まずに聞く。

 

②相手の心情に共感を示す。

 

③反論せずに低姿勢で

心からの謝罪を行う。

 

④問題の改善策を考え

日々実行する。

 

 

個人的には、

相手の言い分がおかしいと

感じる部分も多いでしょうし

反論したい気持ちはよくわかります。

 

ですが、

モンスターペアレントって

自己肯定感が低く自尊心が高い

場合が多いので・・・

 

きちんと意見を受け入れ

低姿勢で謝罪することで、

悪化を防ぐことができるんです。

 

ですので、きちんと手順を踏んで

謝罪と改善だけに意識を集中して

おこなう事が大切です。

 

また・・・

 

保育園側は保育士を守ってくれる?

保育園が保育士を守っている?

苦情やクレームが入った時に

保育園として保育士を守って

くれる保育園なのか?

 

園長はきちんと保育士の事を

守ってくれる園長なのか?

 

ということも、

とても大切なポイントです。

 

一般的な保育園であれば、

苦情やクレーム対応は園全体で

対応にあたるものです。

 

それを、

保育士に任せきりにしたり

逆に保育士の言い分を聞かず、

処理してしまう保育園や・・・

 

「あなたの対応が悪いから

保護者から信用が得られず、

クレームを言われるのよ!!」

 

と保育士に問題の全責任を負わせ、

冷遇する園長も存在します。

 

⇒パワハラ保育園の実態・事例とは?

 

そういった保育園では、

いくら保育士さんががんばっても

報われる事はありません。

 

⇒パワハラ保育園を訴える事はできる?

 

保育士を守っている保育園へ・・・

ですので、

日々の保護者対応で疲れたと

感じている保育士さんは・・・

 

保育士の立場や権利を

しっかりと守ってくれる

保育への転職も考えてみると

いいかもしれません。

 

まずは、

人間関係の良い保育園に

特化した転職支援サービス

「保育エイド」の無料相談を

利用してみましょう♪

 

☆人間関係の良い保育園に特化!

☆女性スタッフが親身に対応

☆無料のお悩み相談受付中♪

※無料相談カウンセリングは

「保育エイド」公式サイトから。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

⇒保育エイドの口コミ・評判とは?